スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国挺身隊問題対策協議会による検定結果批判の声明

日本教科書検定発表に対し日本政府に送る私たちの要求

日本政府の教科書改悪と独島領有権主張を強力に糾弾!



日本の東北部で起こった大地震と津波による被害、そして福島原発爆発による被害拡散が依然として続く中、日本市民の安全を願う私たちの気持ちに変わりはありません。日韓市民間の友好と協力は今回の惨事の中で美しい輝きを放ちましたが、日本政府が引き起こした津波が両国間の不信と葛藤を一層醸成し、それに対する怒りを私たちは禁じえることができません。

それはほかでもなく、日本の文部科学省が独島領有権主張を含んだ中学校教科書を承認する検定結果を発表することに対してです。何よりも、今回の教科書検定がいきなり発生した事ではなく、これまで日本政府が国家教育政策の基本方針として綿密に推進し続けてきたものだという点に再度注目し警戒しなければならないでしょう。日本政府は、自民党政権時代からいわゆる加害の歴史を教えることはできないという論理と、国家の戦争責任を認めながらも敗北主義を量産してはならないという立場の下、教科書改悪を進めてきました。こうして「改悪された」教育基本法をもとに教科書学習指導要領および解説書をもって領土関連内容を持続的に強めていき、独島が日本の領土だという記述を含めた小学校教科書検定発表がなされるに至りました。そして、結局今回の中学校教科書検定を通じ、領土への野望と彼らなりの国家主義への忠実な後継者を養成していくという危険な発想を露骨化しています。危ない教科書を作る一部右翼勢力に背中を押されて検定承認するというよりも、日本政府が直接そのような教科書を改悪し量産する凶悪な犯罪の主体であることを、この一連の流れで私たちははっきりと確認しました。

今回の教科書検定を通じ、今後独島に対する領有権主張を含んだ日本の中学校教科書が急速に増え、日本全国各地に拡散し使用されるものと見られます。ひいては来年に控えている高等教科書検定でも同じことが繰り返されるでしょう。それだけでなく、今後発表される日本政府の外交青書と防衛白書でも独島を日本の領土として全面記述し後続措置を取っていくことになると考えると、今回の事態の深刻性はどれほど強調しても足りません。実際、遺憾にも今後両国間の葛藤はより深化し、未来世代にまで葛藤と反目の遺産を担わすことになってしまうでしょう。

独島領有権主張だけでなく日本軍「慰安婦」問題をはじめ日本政府の戦争犯罪を削除・美化し歪曲してきた日本政府は、教科書検定基準において隣国の歴史的感情を配慮しなければならないという最小限の政治であり約束であった「近隣国際条項」まで死文化させ、偏狂な自国中心主義的な教科書でナショナリズム強化を図っています。独島に対する領有権主張こそ、朝鮮に対する日本の不法的で野望的な領土占領と植民主義の歴史からはじまったものです。その上、その暴力の歴史を反省・清算しようとせず、むしろ今日まで継承・強化している日本政府の様相に私たちは驚愕するだけです。

昨年に韓国強制併合100年を迎え発表された「歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたい」という菅直人総理の談話が今も私たち国民の耳もとに残っているにもかかわらず、もしかしたらという期待を無残にも壊してしまった日本政府は、談話の真意まで自らが壊してしまいました。今回の教科書検定に対し、自民党政権当時の中学校学習指導要領および解説書改正の延長線でなされた措置だと責任転嫁している民主党政府の貧窮な弁明は、より明確にその二律背反的な姿をあらわにしています。

加えて、3月19日に開かれた韓中日外相会談では韓国から反対の立場表明がはっきりとなされ、また日本の地震と津波の惨事の前に韓国国民の大々的な温情と支持が日本に伝えられている中、今回の教科書検定承認を敢行した日本政府のこのような行為は、外交的にも礼儀を欠いているだけでなく、全面的に紛争をけしかけていると言っても過言ではないでしょう。

戦争犯罪の責任を背負い日韓過去清算と東アジアの平和に寄与しなければならないはずの日本政府が今回発表した教科書検定結果を決して黙過することはできません。アジア全体の平和を壊す、危険を超えて脅威となる教科書使用は即刻中断されなければなりません。ひいては、改悪された教育基本法と改悪された教科書の持続的な生産は、即刻そして全面的に撤回されなければなりません。独島領有権に対し緻密に継続される主張が中断されなければならないということは言うまでもないでしょう。

韓国政府もまた、日本政府の教科書改悪企図と独島領有権の主張が政策的に絶えず繰り返され、今回の教科書検定発表を通じその意図を明確にあらわにした点を注視し、日本の不当行為と歴史歪曲行為に対し強力に是正を求め、根本的な対策を準備することを要求します。ひいては、国益のためだという理由で覆い隠されてきた過去清算問題が、むしろ国家的な害となりブーメランのように再び舞い戻ってくるという結果を毎回被りながらも足踏み状態から逃れることのできない現状を今すぐに中止しなければならないでしょう。

ここに私たちは次の通り要求します。

-日本政府は、戦争犯罪を美化し独島領有権を主張する「危ない教科書」検定承認を即刻取り消すこと!
-日本政府は、戦争と植民犯罪の反省そして歴史的真実を記述した教科書で、未来世代に平和と人権教育を実施すること!
-日本政府は、教科書改悪企図と不当な独島領有権主張を永久に撤回し、正しい過去清算とアジア平和実現の先頭に立つこと!
-韓国政府は、日本軍「慰安婦」問題を早急に解決し、日本の過去清算のため根本的で強力な対策を準備し早急に履行すること!



2011年3月30日

韓国挺身隊問題対策協議会

KNCC両性平等委員会/基督教大韓メソジスト会女宣教会全国連合会/基督教大韓メソジスト会全国女教役者会/基督女民会/大韓イエス教長老会全国女教役者連合会/新しい世界を開く天主教女性共同体/女性教会/梨花民主同友会/全国女性連帯/平和を作る女性会/韓国教会女性連合会/韓国基督教長老会女信徒会全国連合会/韓国女性団体連合/韓国女性民友会/韓国女性ホットライン連合/韓国女神学者協議会/韓国女子修道会長上連合会/韓国挺身隊研究所/円仏教女性会

民主労働党女性委員会


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会

Author:子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。