スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市議会に教科書問題で陳情書を提出!10/5市議会教育子ども委員会の傍聴を!

9月16日、大阪市での育鵬社採択に関して大阪市議会に対して育鵬社採択の撤回と
高尾委員を審議から外した公正な形での再審議を求める市会決議を要求する陳情書を提出しました。
10月5日の大阪市議会教育子ども委員会では、育鵬社の強引な採択や高尾教育委員の疑惑などについて
取り上げられる予定です。
是非、大阪市議会の教育子ども委員会の傍聴をお願いします。
◇日時 10月5日(月)13:00
◇場所 大阪市役所P1階傍聴受付
◇定員 10名。傍聴希望者は委員会開会予定時刻の30分前から先着順(ただし30分前の時点で希望者が定員を超えている場合は抽選)

*********************************

大阪市教育委員会が8月5日、異常な方法により育鵬社教科書を採択した件につき再審議を求める陳情書
平成27 年9 月16 日
大阪市会議長東貴之様

子どもたちに渡すな!あぶない教科書大阪の会
上杉聰

[陳情趣旨]

大阪市教育委員会(大森不二雄委員長)は、市内の中学校社会科の教科書採択について、直前の8月3日の夕刻になり、審議会場となる市立中央図書館から傍聴者をすべて閉め出し、「傍聴」は別会場(市教育センター)におけるビデオ中継にかぎると自らのHPにおいて公表し、社会科のみ単独でこの日審議するなど、異例の措置を執りました。そして1日半後の5日午前中、育鵬社の歴史・公民教科書を早々と採択したのです。それと同時に同教育委員会は、歴史・公民教科書にかぎり補助教材として育鵬社以外の教科書を使用することを決定し、歴史は帝国書院、公民は日本文教出版としました。このため必要となる約4000 万円の予算は、大阪市が負担することを「検討する」(8/6 讀賣)と報道されています。

「傍聴者の締め出し」という市教委による異常な方法は、私たち市民団体が、同教委の内部に高尾元久氏という、育鵬社と同じフジサンケイ・グループの重職を歴任してきた人物が教育委員として加わっており、育鵬社に直接・間接に協力する重大な疑惑行動がみられたため、彼を社会科教科書の採択審議から外すよう強く要求してきたことと深く関係していると思われます。この「傍聴者の締め出し」は、疑惑をさらに拡大するものとなりました。

「複数教科書の使用」の理由についても、市教委は、育鵬社の教科書だけでは「国際人としての日本国民を育て」「主体的学習につながる」ものとならないため、と説明しています(市教委が複数使用を決定した8 月5 日付理由書)。これは、育鵬社の教科書が偏ったものであり、必要な要件を単独で満たさない問題ある教科書を採択したことを、自ら告白したというほかありません、むしろ、「国際人としての日本国民を育て」「主体的学習につながる」要件を1 社のみで満たす教科書を選び出して採択し、教育上の煩雑さや無駄遣いを省くことこそ教育委員会の責務というべきであり、複数採択は、市教委の責務放棄と考えられます。

[陳情項目]

大阪市教育委員会が中学校の歴史・公民の教科書について8月5日に行った育鵬社の教科書採択と2社を副教材として使用決定したことを撤回し、改めて、高尾教育委員を審議から外した公正な形態をとった上で、また傍聴者を可能な限り増やした公開の場において、「国際人としての日本国民を育て」「主体的学習」につながる教科書1社を採択する責務を果たすよう再審議を求める市会の決議をあげてください。

以上
スポンサーサイト
プロフィール

子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会

Author:子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。