東大阪市、河内長野市で育鵬社公民を採択!

■東大阪の結果には、怒りを押さえることができません。是非とも、多くの市民の声で育鵬社を採択した教育委員会と野田市長に抗議の声を届けたいと思います。

以下、大阪の会の傍聴報告です。

本日の東大阪市の採択結果です。
育鵬社は選定委員会答申には歴史も公民も入っていませんでした。しかし教育委員会は公民には育鵬社を採択しました。
その理由は選定委員会の中の保護者代表が現行の教科書がいいと言ったというものです。
選定委員会には日本会議東大阪支部の関係者が入っているのですが、しかしその人物の主張は選定委員会では受け入れられず、育鵬社は答申には入らなかったのです。
2011年のときは無理やり選定委員会答申に育鵬社を入れて教育委員会が決めたのですが、今回は答申にも入ってないのに育鵬社を決めたのですから、あまりにもひどい暴挙です。
現行の教科書を採択するといいながら、地理と地図、歴史は現行とは違う教科書を採択したのですから、ご都合主義もいいところの茶番でした。
市民たちは会議のあいだ中、抗議をし、2人の市民は退場させられ、乾委員長の高圧的な会議運営もひどいものでした。
本日の育鵬社採択は野田市長の意向を忠実に実行したものでしたが、歴史も含めて採択しようとしていた野田市長に公民だけで断念させたともいえます。
野田市長のいいねクリック事件も含めて、教育委員会への採択抗議、撤回の闘いは続きます。


■今日、新たに育鵬社を採択した地域が現れました。
河内長野市です。今日の教育委員会議で、歴史は帝国、公民は育鵬社でした。河内長野市は、2011年採択の選定委員会「答申」は、歴史・公民分野とも育鵬社が3番手。教育委員会議の中では、1名(現在も教育委員)が育鵬社を推すような発言をしたが、
現和田教育長が育鵬社を採択させない意志を示して、議論の主導権を握り、採択されることはありませんでした。
今回、なぜ、育鵬社を採択したか、早急に調査したいと思います。

大阪の教科書は非常事態になりました。
今後、他の市町村教委が追随する危険性もでてきました。東大阪と河内長野市の状況を共有し、今後の取り組みについて確認していきたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会

Author:子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク