6月19日東大阪教科書市民大集会のご案内

市民大集会 教科書のつどい
「市民の声を上げよう!東大阪にふさわしくない教科書を選ばないで!!」

日時  : 6月19日(金)午後7:00開会(受付6:30~)
場所  : イコーラムホール(若江岩田駅前 希来里ビル6F)
参加費 : 500円(学生・こども無料)
主催  : 「東大阪の公民教科書を読む会」市民有志一同


みなさまへ

 謹啓

 いつも東大阪の教科書運動へのご理解とご支援いただきありがとうございます。このたび19日(金)に東大阪にて開催する教科書市民大集会のご案内です。

 4年に1度の教科書採択が、東大阪では7月末頃に行われる予定です。「教科書採択」とは、来年度から4年間、実際に学校で使われる教科書を、5名の教育委員が教育委員会議で選んで決めることをいいます。

 その教科書採択の前に、5名の教育委員が選ぶための候補の教科書を3冊程度に絞り込むための会議が、「教科書選定委員会」です。現在この教科書選定委員会が進行中です。

 4年前の前回は、この選定委員会で、これまでの通例のプロセスならば到底ありえない、非常に不自然で強引なプロセスによって、育鵬社の教科書が選定委員会で候補の教科書に選ばれてしまいました。そして通例ならばありえないその不自然な候補教科書である育鵬社教科書を、教育委員たちはわざわざ選び、採択したということなのです。背後によほどの意図がなければ、このようなことは起こりえません。強権的な採択だと私たちが主張するのはそれゆえにです。

 背後にある意図とは、つまるところ、これまで東大阪で積み上げられてきた人権尊重、反戦平和、多文化多民族共生を大切にする教育を、破壊しようとする意図であり、その破壊兵器として、まるで爆弾のように育鵬社の教科書を投入し、教育現場のみならず、東大阪全体を混乱に陥れています。これは東大阪に限ったことではなく、全国で展開されてきていることでもあります。これらの意図は現政権の意図に直結していると私はおもいます。

 育鵬社と自由社の教科書を東大阪の教育現場に強引に押し込もうとする勢力に対して、彼らのやりたい放題を許さず、市民の目を光らせ、睨みを効かせるべく、日々私たちはオール東大阪で市民活動を続けていますが、このたび東大阪にて市民大集会を開催することによって、東大阪教科書問題について、オール東大阪の市民の声を、彼らに突きつけたいとおもっております。

 ぜひ多くのみなさんにご参加いただきたくおねがい申し上げます。

 ご都合つかずに参加がかなわないみなさんは、ぜひ一言メッセージをお寄せください。東大阪市民だけでなく、全国全世界の市民の声を後日、市民の声として公表し、市長や教育委員会に届けたいとおもっています。ご協力よろしくお願いいたします。

 艸々頓首

 丁章


スポンサーサイト
プロフィール

子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会

Author:子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク