パワハラ問題で中原教育長を厳しく批判する「調査報告書」が公開!

2月20日の大阪府教育委員会議で、中原教育長のパワハラ問題について第三者委員会の調査報告書が提出され、議論されています。調査報告書も公開されました。

■教育委員会議の概要(大阪府教委HPり)

急施議題 第三者による調査の取扱いについて

【趣  旨】平成26年11月7日の委員会会議において実施することが決定された第三者による調査の取扱いについて決定する件である。

【採決の結果】以下の通り決定した。

 平成26年11月7日の教育委員会議において、調査にあたっては、弁護士等の第三者に協力していただくことを決定した。
 その後、大阪弁護士会から三人の弁護士の方々の推薦をいただき、今般報告書の提出を受けた。

1.大阪府教育委員会として、この報告書を公正中立な調査の結果として重く受け止め、議論の前提とする。

2.報告書では、教育長の言動が違法性を帯びたパワーハラスメントで、教育長の言動としてふさわしくないとされた。このような事態はまことに遺憾である。 また、教育長の一連の言動に対して、法律上の教育委員としての資質要件である「人格が高潔」という部分について言及されるなど、厳しい評価となっているが、教育委員としての適格性等の判断については、制度上、教育委員会の権限が及ばないものである。したがって、この点については、任命権限を持つ知事のご判断と府議会でのご議論の行方をまず見守りたい。 これらを踏まえ、教育委員会としての対応方針を決定していく。 また、教育長には、こうした指摘を真摯に受け止めてもらいたい。

3.このため、この報告書は公開する。

4.かかる事態が二度と起こらないよう、我々教育委員は、教育委員として、全力を挙げる。 また、事務局職員の相談に、いつでも応じる。

5.認定こども園条例改正に係る意思決定プロセスにおいて、準備期間、協議時間、意見交換の位置づけぁw)€竄サの対象、意見集約のあり方、意見交換会後の情報提供のあり方等について、課題がある旨指摘を受けた。 教育委員会として、こうした指摘を真摯に受け止め、意見交換会の運用を含め、教育委員会としての意思決定手続きのより一層の適正化に努める。

■調査報告書(PDFで96ページあります。大阪府教委HPより)

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/5181/00180630/k1.pdf
スポンサーサイト
プロフィール

子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会

Author:子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク