育鵬社を採択されている東大阪の市民からの呼びかけ

2011年中学校教科書採択で育鵬社版公民教科書を採択している東大阪の市民からの呼びかけです。
是非、声明文の賛同署名へのご協力をお願いします。

<以下、転載です>

みなさまへ

 謹啓
 このたびは「東大阪の公民教科書を読む会」の声明文「東大阪市の中学校社会科教科書採択について――市民の皆さんに訴えます」への賛同署名のお願いのため、Eメール差し上げました。

 来年2015年夏の次回中学校教科書採択に向けて、育鵬社・自由社の社会科教科書採択を阻止するために、このたび当会の共同主催者である鈴木良・丁章の連名により、声明文「東大阪市の中学校社会科教科書採択について――市民の皆さんに訴えます」を世に発信し、東大阪市民はもとより全国・全世界の人々に向けて、賛同者を募ることにいたしました。そして、市長をはじめとする、育鵬社・自由社の教科書採択を推進する右派勢力に対して、私たち二人の名と賛同者のみなさんの名によるこの声明文をもって、抗議の声を突き付けてゆきたいとおもっております。

 育鵬社の教科書の内容が、「人権軽視」「国益優先」「排外同化主義」の思想が濃厚であり、教育支配をもくろむ右派勢力の政治的手段として教育現場に強権的に押し込まれていることは、みなさんもすでにご承知のことかとおもいます。

 先般の法改正で来年4月から教育委員会の仕組みが変わり、教育行政に対する首長の影響力が増すことにより、教育の自由と独立はますます形骸化してゆきます。このまま市民が黙っていれば、東大阪市での育鵬社の公民教科書の再採択はもとより、歴史教科書の採択までもが、右派勢力の思うがままになってしまいます。むろん、大阪府下では大阪市をはじめ、多くの他地域においても、同教科書が採択される危機に見舞われています。

 前回の大阪府下の採択で育鵬社の教科書を採択したのは、唯一、東大阪市だけです。教育現場である市内全中学26校によって採択前に行われた教科書推薦(「学校意見」)では育鵬社公民教科書は最低評価であり、普通ならば採択されるはずがないにもかかわらず、それでも現場の意見を無視して強引に採択されたその背後には、現・市長の意図があったことが明らかになっています。その東大阪市で市民が抗議の声を挙げなければ、政治家の思うがままの教育支配が今後もまかり通ることになり、他の地域へも教育への「不当な支配」が広がってゆくことになります。そうなれば教育現場の自由精神は政治家からの強圧を感じて今後も萎縮してゆくばかりでしょう。政治家や国家の言いなりでできた教科書や教育では、政治家や国家の言いなりになる子どもたちが増えるばかりではないのか? そのような教育では子どもたちの心に、政治家や国家の過ちを見抜く力はとうてい育たないのではないか? 自由独立の精神をもった個人よりも、国粋主義な国家の言いなりになる国民に子どもたちを育てようとする右派勢力の露骨な意図に対して、抗議の声を挙げなくてはならないのではないか? 

 育鵬社の教科書が採択されるということの問題は、教科書内容の悪質さはもとより、教育に対する政治介入のその悪質さであると私はおもいます。育鵬社・自由社教科書の内容とその採択手段に象徴される右派勢力の暴挙に対して、声明文と賛同署名による抗議の声を、今後順次段階を経て、彼らに突き付けてゆくつもりでおります。
 
 まずその第一弾として、このたびの声明文では、育鵬社ならびに自由社の教科書が、人権・平和・多民族多文化共生の尊重を理念として掲げる東大阪市の教育には百害あって一利なしの、東大阪市の教育に最もふさわしくない教科書であることを訴え、そしてこの声明に全国全世界からの多くの賛同者を得たことを市長、市議会議員、市教委などの各部門に広く認識させたいとおもっています。みなさまからのご賛同をお寄せいただければと願うのと同時に、どうかみなさまの周りの方々へもご賛同の輪を広げていただければと願います。

 このたびの声明文への賛同署名は、今後期限を設けずに受け付けてゆきますが、ひとまず11月末日までに集まった賛同署名を声明文と一緒にして、年内中に市長をはじめとする各部門の窓口に手渡すか、もしくは郵送する予定でおります。
 
 今後は市長との面談要請や市議会への請願など、来年7月の教科書採択まで、第2弾3弾と抗議の声を挙げてゆく予定ですので、今後もなにとぞご支援をよろしくお願いいたします。
 艸々頓首
 2014年11月12日

 丁章

********************************

◆賛同署名は東大阪市民以外(全国全世界)の方々からも受け付けております。賛同署名用紙は以下から取り出せます。
https://www.data-box.jp/pdir/b43ee144b9104fff963c4541256521e3

署名の送付先 喫茶美術館・丁章 577-0805 東大阪市宝持1-2-18 

◆Eメールでのご賛同の場合は、ご自身のお名前に一言「賛同します」とお添えください。団体のご署名も、もちろん受け付けております。
メール waneibunkasha@yahoo.co.jp 

お名前は原則「公表可」とさせていただきますので、公表を望まない方は「公表不可」とかならず一言お添えください。
メッセージもあれば一言お寄せいただければ嬉しいです。
ご協力をどうかよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------

【声明文】東大阪市の中学校社会科教科書採択について―― 市民の皆さんに訴えます

 2011年7月26日、東大阪市教育委員会は、中学校公民教科書として育鵬社版『新しいみんなの公民』を採択しました。このことに私たちは大きな危惧を抱いています。
 育鵬社のこの公民教科書は多くの批判があるように、重大な欠点を持っています。戦争の放棄を定めている日本国憲法を、「国際政治の現実」と合わないという理由で軽視し、防衛力の強化を説いています。憲法は戦後日本のあり方を示した強い理想であって、日本が多くの国ぐにから信頼される根拠となってきました。私たちはこの不戦の原則を守ることが日本の責務と考え、ここに日本の希望を託してきました。
 しかし現政府は、この理想を現実に生かして、他国との話し合いによる問題解決の道を選びませんでした。最近では集団的自衛権を容認し、他国と軍事的に協力して海外に派兵する道を選びました。これは事実上の「憲法改正」に当たります。この教科書は、このような主張を公然と正当化しています。日本国憲法の原則を否定することに協力しているといわなければなりません。
 また、日本には膨大な数の韓国・朝鮮人をはじめ外国人が居住しています。これらの人びとは日本に住みながら平等な権利を保障されず、さまざまの差別を受けています。その根っこには明治以来の日本の植民地政策があり、その結果として、多くの外国人が日本に定住しているのです。この教科書はこのことに眼を向けさせようとはしていません。
 しかし、地域に住む住民の間では友好・協力の関係が行われています。これまで東大阪市では多民族・多文化との共生の心をはぐくみ、日本人も外国人も同じ人間、同じ住民として、誰もが幸福に生活できる街づくりをめざす教育がさかんに実践されてきました。私たちも東大阪市の住民として、そのことを誇りに思ってきました。育鵬社の公民教科書は、そのような東大阪市の実践からは程遠い、人権軽視、国益優先、排外同化主義の思想に満ちた教科書です。これを許すわけにはいきません。
 そこで私たちは、育鵬社教科書を東大阪市民をはじめ多くの人々と共に考えるために、2012年に「東大阪の公民教科書を読む会」を開催することにしました。回を重ね現在10回を越えています。毎回多くの参加者と共に、育鵬社版公民教科書やその他各社の教科書を読みながら、育鵬社・自由社の教科書(歴史・公民とも)の内容が、いかに東大阪市の教育にふさわしくないものであるかということの認識を深めております。
 来年2015年の次回中学校教科書の採択をひかえ、私たちは、育鵬社ならびに自由社の教科書が東大阪市の教育にふさわしくない教科書であると考え、これらの教科書が教育現場の大多数の意見を無視した強権的な方法で採択されることを危惧しております。そこで私たちは次のように考えます。

1、教科書は問題の根本を生徒に考えさせ、将来の良識ある市民を育成することに奉仕するものです。日本国憲法に示された理想を深く考えさせることが重要と考えます。現政府を代弁するかのような、軍備増強を正当化する記述は百害あって一利のないものだと考えます。

2、育鵬社・自由社の教科書は、他の教科書に比べて、国益を優先し、定住外国人の人権を軽視し、つまるところ排外的な同化主義を正当化する内容となっていると考えます。

3、前回の教科書採択では、育鵬社・自由社の教科書は採択にふさわしくないという教育の現場からの意見が事実上無視されました。これは教育の自由を軽視した採択方法だと考えます。

私たちは長い討論の末、このようなアピールを出して、多くの人びとに呼びかけたいと考えました。多くの皆さんのご意見とご賛同をお寄せ下さいますようお願い申し上げます。
                   
2014年11月12日

「東大阪の公民教科書を読む会」共同主催者
  鈴木 良(日本近代史研究者、元・立命館大教授)
丁 章 (詩人、「喫茶美術館」館長)
スポンサーサイト
プロフィール

子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会

Author:子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク