スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校採択で自ら矛盾を露呈した大阪市教委

8月12日、大阪市教委は、小学校採択と合わせて高校採択も行いました。ここでは、高校採択について報告します。

■大阪市教委は、昨年の高校採択において学校からの選定をそのまま採択することと引き替えに前代未聞の「附帯決議」をあげました。その内容は、以下のものです。

附帯決議

 大阪市立の高等学校において使用する教科用図書に関し、平成27年度使用教科用図書の採択については、教育委員会による適正な採択のための審議の一層の充実を図るため、以下の諸点を含む改革を行うこととし、そのために必要な採択の方式の決定及び教科用図書選定調査会要綱の改正等の所要の措置をしかるべき時期までに講じるものとすること。

1.各学校に置く教科用図書選定調査会は、選定候補として2つ以上の教科用図書を答申書に記載し、それぞれの長所と短所を列記することとし、推薦順位や優劣は示さないものとする。
2.教育委員会は、答申書を参考にしつつ、自ら調査研究を行い、教科用図書を採択するものとする。
3.各学校に置く教科用図書選定調査会による答申と教育委員会による採択の間に、これまで以上に十分な調査研究及び審議の時間を確保するものとする。


■今年度の大阪市教委の高校採択は、この「附帯決議」を制度化して進められることになりました。しかし、現実には、「附帯決議」にあるように、推薦順位や優劣を示さない学校からの「答申」にもとずいて、教育委員が「自ら調査研究を行い、教科用図書を採択する」ことなど不可能です。12日の教育委員会議では、市教委は自らの恣意的採択の権限を確保しながら、「附帯決議」と現実の採択過程との矛盾を取り繕う姿がありありと見えました。
 本来ならば、各学校から2社以上並列して推薦させる以上、どちらがその学校にとって良いか判断するためには、教育委員は、すべての学校の状況を把握し、すべての教科書について調査研究しなければなりません。しかし、市教委は「今年度検定合格した教科書の多い国語と外国語を重点的に調査した」と説明しました。事前の市教委との交渉の中で、教育委員は「重点的」といいつつ国語と外国語以外の教科書はほとんど読んでいない。特に2012・2103年度に検定合格した教科書は、閲覧場所に置かれもしていなかったことが明らかになりました。
 さらに、市教委は、12日の公開の教育委員会の場では、国語と外国語しか採択を行いませんでした。ここでは、事務局に学校の状況と学校からの希望を報告させ、それについて2~3教育委員が意見を言った上で、すべて学校からの希望を採択していました。ここでも小学校採択と同様で、事前に採択する教科書を決めている様子で、「教育委員自ら採択を行った」ということを演出しただけの、まるでセレモニーでした。

■それでは国語と外国語以外はどうしたのでしょうか。今回の採択制度では、昨年と同じ教科書を継続使用する場合などは1社選定を行うことになっていましたが、国語と外国語以外にも、2社並列選定を行っている学校がたくさんありました。例えば、粗銅や音楽、美術、地理歴史、理科(生物)数学などです。当然、「附帯決議」に従うならば、これらの教科についても教育委員が「自ら調査研究」する必要があります。しかし、現実には、国語と外国語以外は、ほとんど閲覧さえできていない状況でした。こんな状態で、公開の教育委員会の場で、教育委員の説得力ある審議によって採択などできるはずがありません。そこで市教委はどうしたのか。何とこれらの教科については、「この間の協議会等で1社に絞り込んでおり、それを採択することに決めた。」「今日は重点的に調査研究した国語と外国語のみを行う。」と、公開の場での審議を逃げたのでした。もし、公開の場で審議すれば、「自ら調査研究」できていないことを傍聴者の前にさらしてしまうことになったはずです。
 
■この事態は、高校採択の密室性を一層高め、教育委員の恣意的採択の可能性も高めることになりました。結局、傍聴に行った者は、国語と外国語以外の教科でどこの社が採択されたのか、採択に向けてどのような議論があったのか、全く分かりませんでした。市教委は、勝手に重点教科を決めて、それだけを調査研究・採択し、あとの教科は教育委員協議会(秘密会で議事録もない)で決めてしまったのです。これでは、採択の公平性・公正性も、それを担保する公開性も何一つ満たされておらず、秘密採択と言わざるをえません。今回の教育委員会議は「附帯決議」が現実的には無理で撤回するしかないこと、そして学校選定を尊重する採択に戻す必要があることを明らかにしました。今後採択資料を全面公開させ、「附帯決議」の非現実性と、秘密採択の問題性を明らかにしていきたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会

Author:子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。