<報告>竹富町の単独採択地区化が決定!

皆さま 高嶋伸欣です

今、沖縄にいて本日午後3時からの沖縄県教育委員会定例会で、
竹富町の採択地区単独化が議決される様子を傍聴してきました。

定刻には取材記者と傍聴者約30人で満席でした。

議事は淡々と進められ、県教委に採択地区割を決定する権限があ
ることと、地元の竹富町が単独採択地区化を希望していることの
確認がされた後に、竹富町には石垣市や与那国町とは異なる独自
性があるとの県教委の見解(A4,2ページ)を示されました。
その後、委員が賛成意見を述べ、最終的には全員一致で竹富町の
単独採択地区化が、議決されました。

これで、自民党安倍政権が総力を傾注してきた竹富町への育鵬社
版公民教科書の押し付けの挫折が、決定的になったと言えます。

昨日来、義家議員など「竹富町には科目全部に専科の教員がいる
わけではないのだから、教科書の比較研究がきちんとできるはず
がない」などと、しきりにわめいています。それだけ、現職教員
による教科書の比較研究が重要だというのであれば、石垣市や与
那国町の教委が現職教員による調査報告で問題点だらけと指摘し
ていた育鵬社版を強引に採択したことが混乱の始まりなのですか
ら、その時に黙っていて今更何を言うのか、です。
 私には、「負け犬の遠吠え」のように聞こえます。

一方で、この義家発言は「あなたも現場教員の見解を重視すべき
だと、認めているのですね!」という具合に活用できます。

次には、石垣市と与那国町の調査報告書無視の採択決定の問題を
追及しようと思っているところに、義家議員がわざわざ問題提起
をしてくれたことになります。義家議員には「お礼」を言いたい
くらいです。

ところで、沖縄は教科書問題で今回が3連勝目になります。
 1回目=1982年夏、高校日本史の検定で沖縄戦における住民
   虐殺の記述を「体験談集では根拠不十分」との理由で削除
   --「島ぐるみ」の抗議を受け、次の検定予定を前倒しで
     実施することにして、以後は削除の指示をしない、と
     政府が公約。事実上の検定意見撤回で収拾。
 2回目=2007年の「集団自決」記述で日本軍の責任に言及部分
   を検定で全面的に削除させた
   --検定結果公表直後から全県的な抗議行動が起き、9.29
     県民大会に11万人が結集。生徒用の教科書(供給本)
     の印刷以前に、日本軍の責任を指摘した記述の復活を
     文科省が認めた。ただし「強制」の表記の復活は拒否
     されたため、抗議行動は今も継続中。
 3回目=今回の竹富町に対する自民党タカ派文教族による育鵬社
   版押し付けの挫折、「完敗」。
    --ちなみに上記2回目は第1次安倍政権、3回目の今回
      も安倍政権。沖縄は教科書問題で、安倍政権に再びお
      灸を据えたことになる(?)。

     以上 取り急ぎの報告です   転載・拡散自由です
スポンサーサイト
プロフィール

子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会

Author:子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク